ワンパンマンのガロウ編が長いうざいと不満の声?賛否両論の理由は?

ワンパンマン
Sponsored Link

怪人協会編で登場するガロウ。

 

彼は人間ながらも、怪人を目指す悪役で、

『怪人協会編』の裏主人公ともいえるキャラクターです。

 

そんな彼の存在は、

ワンパンマンファンの中でも好きと嫌いな人が存在し、

彼を焦点にあてた『怪人協会編』の中の

『ガロウ編』と呼ばれる部分も彼と同じく賛否両論を集める話となっています。

 

今日はそんなガロウというキャラクターを紹介し、

『ガロウ編』の何がワンパンマンの話の中でも

賛否両論を集める事態となったのか考察していきたいと思います。

ガロウというキャラクターについて

 

まずは、ガロウというキャラクターから紹介していきたいと思います。

 

ガロウは小さい頃、友達とヒーローごっこをすると、

いつも怪人役にさせられていたことから、怪人に自分を重ねるようになり、

怪人がヒーローに必ず倒されるという展開に理不尽を感じ、

自分がヒーローを倒す怪人となろうとしているキャラクターです。

 

 

ガロウ編は他のワンパンマンの話と何が違うのか?

 

ガロウ編は、他の話と違い、

始めてボスキャラクターの過去や心理を

深く深ーく掘り下げたものとなっています。

 

今までのワンパンマンであれば、敵の事情などお構いなしに、

『知るか、人に迷惑かけてんじゃねぇ』

の一言でサイタマがワンパンで敵を倒すのですが、

 

今回のガロウというキャラクターに対してだけは、

サイタマはきちんと相手の言うことを聞いて、

自分の考えを答えるという受け答えをしているのです。

 

 

ガロウ編を受け入れることができなかった人の理由

 

ガロウ編が賛否両論となったのは、

読者が、ガロウというキャラクターを

どう受け止めたかによって違ってくると思います。

 

ガロウは、小さい頃、ヒーローごっこでいつも怪人役を押し付けられていた。

苛めによって、怪人に対して感情移入をしていました。

 

ヒーローを負かす怪人になるということは、

自分に怪人役を押し付けヒーロー役をする

友達をやっつけるという彼の復讐心が根底にあったのでしょう。

 

絶対悪になって世界を平和にしてやるんだ。

怪人がヒーローを倒せない理不尽を俺が覆してやるんだ!

 

と、ガロウは言っていましたが、

 

結局のところ、彼は自分を苛める相手ヒーロー役の子供をやっつけたい

という想いを抱えたまま成長したいじめられっ子のままだったのだと思います。

 

怪人協会にさらわれた不細工な子供が抱えていた

 

『強くなっていじめっ子を見返す』

 

という夢がそのまま、ガロウの夢だったのでしょう。

 

つまり、彼は悪役でなく、

ヒーローが助けるべき、弱い存在だったのです。

 

だからこそ、サイタマは彼を問答無用で倒すことをせず、

彼の言葉に耳を貸し、彼に対して自分が答えられる言葉をかけたのでしょう。

 

その言葉をガロウはまったく気に入らなかったようですが………。

 

ワンパンマンファンの多くは、絶望的なまでの強さを持つ敵を

サイタマがワンパンで倒す爽快感に期待をしている人が多くいると思います。

 

しかし、このガロウ編では、そのサイタマの倒すべき敵にあたる人物が

ヒーローが助けるべき弱い存在だったのです。

 

倒してもまったく爽快感が得られないのは当たり前でしょう。

そこに不満を持った人も多くいたと思います。

これが、ガロウ編の不満となったのだと思います。

 

サイタマの強さについてはこちら
ワンパンマンのサイタマの強さの秘密とは?髪が無い理由と貯金は?

Sponsored Link

 

ガロウ編を受け入れることができた人の理由

 

ガロウは自分が強くなることを望む一方で自分が弱い存在であるとは、

決して思っていませんでした。

 

幼い頃も彼は苛められていても、

誰かに助けてもらおうとはせず、自分の力でいじめっ子を倒そうとしました。

 

彼は、苛められても、それを跳ね返す強さがあり、

その強さ故に、

自分が弱い立場であることを認めることができないプライドを持っていました。

 

そして、いじめっ子と同じような卑怯な手段で相手を倒すような奴には

絶対になりたくない。

 

というまっとうな心を持っていたのです。

 

だからこそ、そんな彼に、感情移入をする人も多かったのだと思います。

 

そして、彼こそ、ヒーローになるのに相応しいのではないか。

と思い彼を応援した人もいると思います。

 

ガロウも、理想とするヒーロー像を持っているということは、

ヒーローになりたかったのでしょう。

 

そして、彼がヒーローになりたかったにも関わらず、

怪人としてヒーローを倒すことにこだわっていたのは、

ヒーロー=いじめっ子。怪人=いじめられっ子の自分。という図式が

彼の中で固定してしまっていたためだったと思います。

 

本当はヒーローになりたかったけれど、

この『ヒーロー=いじめっ子』の図式があるため、

ヒーローになりたいという自分の気持ちを認めることができなかたのだと思います。

 

彼が、最後に自分の本当の気持ち『自分もヒーローになりたかった』という

気持ちを理解したとき、ガロウに共感を覚えた人は、自分もそう思っていたのだ。

ということをガロウが理解したことによって、すっきりすることができたのです。

 

 

ガロウ編の賛否両論の理由

 

結局のところ、ガロウ編は、

ワンパンマンの敵を倒す爽快感を味わいたいという気持ちを持っている人は

受け入れることが出来ず。

 

キャラクターに感情移入をして、

漫画を楽しみたいと思っている人に受け入れられた。

 

この二つに分けられると思います。

 

ガロウとボロスはどちらが強いかの考察についてはこちら
ワンパンマンのボロスの修正変更点!ガロウとどちらが強いのか考察

 

 この記事へのコメント

  1. no name より:

    単純にサイタマの登場が遅かったから。

  2. あいうえお より:

    災害レベル「神」がものすごい絶望感を醸し出していて個人的には面白かった

  3. ガミ より:

    言うほど批判されてない気がするが

  4. マッサン より:

    感動した。ガロウの気持ちに共感できたとは言えなくても、なんかコウ、こころに通ずる?うまくいい表せませんがそんな思いのような意思が感じられました。自分のなかでは、「ガロウ編」が一番好きです。

  5. reta より:

    わかりやすく置き換えると

    一般市民=多数派・国家=強いグループ
    ヒーロー協会=軍隊・警察
    怪人=少数民族・貧困層・弱いグループ
    暴れている怪人=テロリスト

    この世界には悪人と善人などなく金持ちと貧乏人がいるだけというのはよく言ったもので
    強者の側に生まれればそもそも犯罪行為をする必要がない、弾圧された少数派がテロ行為に走っている
    ガロウが目指したのは映画にありがちな「宇宙人が襲ってきたので人類は戦争をやめて団結する」というようなもの

    まずヒーローは給料を貰って活動している
    ガロウから見ればヒーローは国家の犬であるばかりかその目的が「弱者の救済」ではなく「ヒーローがヒーローであり続ける」という保身のための偽善にしか見えていない。政治家と同じ。(自分の議席と利権を守るために政策を作る。選挙のための政治。ギリシャで生まれた本来の直接民主主義ではすべての市民が政治家であり無給だった)
    平和な時代で軍隊という危険な存在を正当化するにはイスラム国のような仮想敵を仕立て上げて戦い続けるしかない

    ただしサイタマは「趣味」で無償でやっていたためガロウには理解できなかった
    最後にガロウは子供の言葉によってヒーローや怪人など古い固定観念から解き放たれた

  6. カイン より:

    多分編集ミスだと思うのですが
    終盤の

    「ヒーロー=いじめっ子」が
    「ヒーロー=いじめられっ子」
    になってますよ。

    • ワンパンチ管理人 より:

      カイン様

      コメントのほうありがとうございます。
      当方の編集ミスでした…。
      ご指摘のほう大変感謝いたします。

  7. サイサイ より:

    無免に手を出した時点でガロウはクソ

  8. 4chanの日本人 より:

    海外(英語圏)だとガロウは「日本人が考える典型的な悪役」という事であまり人気は無いらしい

    ①犯罪を犯す理由が幼稚
    ②ラスボスの信念がJRPGと同じくありきたり
    ③イマイチリアリティーを欠けるのは日本人が平和ボケしているから
    ④ギリギリの勝負を望んでいるのに日本のアニメや漫画はどちらかが一方的
    ⑤大抵の悪役は何故か改心して良い奴になる、これは日本がアメリカに負けた事で
     自分が間違っていた事を認めてアメリカ式の経済を受け入れて成長した影響

  9. no name より:

    復讐は否定も肯定もせんが無関係の人に迷惑かけた時点で無法者の悪
    それ以上でもそれ以下でもないわ気持ち悪い

    • a より:

      無関係のひとにもめいわくをかけるって、
      生きてる時点で誰しもがやってしまうことだね

      人類全体生まれながらに悪、法に負ける
      という主張、奥深い。実に奥深いね

    • 一般人 より:

      一般人に迷惑かけてなくね?
      あいつはイロイロ言ってるけど結局は「イジメいくない」って言いたかっただけ
      でも自分が弱~いいじめられっ子って認めたくなくて
      「絶対悪におれはなる」キリとかやってただけちゃうの

  10.     より:

    過去のトラウマに対する怒りを何の関係も無い相手(ヒーロー達)にぶつけて発散してただけ。
    そしてその過去を何ページにも渡って長々と語らせていたが、上記の行為を正当化しようとしている小物にしか見えなかった。
    そんなに愚痴愚痴と語る程憎いならかつての同級生や教師に復讐しに行け。

    としか思えなかったので、全く魅力を感じませんでした。初登場時の戦闘狂の方がまだマシです。

    • より:

      教師に復讐しに行けとかww
      現状のシステムじゃ救われない人たちを別の方法をとることで救おうとしたっていうガロウの主張を一欠片も理解できてないじゃんwwww
      賛否あるのは全く構わないけど単に理解力不足で的外れなこと言うやつは2度と批評しないでほしいわ

      •     より:

        現状のシステムを変えるとか(笑)
        最終局面の時はともかく、俺が挙げた辛い過去を回想し出すあたりのこいつのどこにそんな崇高な目的があったって言うんだ?(笑)
        どうやらお前は理解力に加えて記憶力にも著しい問題があるようだな(笑)

        初登場時のA級3人を同時に圧倒した時点でさっさとS級やA級最上位にターゲットを変えればいいのに、
        いつまでも相手にならない・協会も深刻に考えないとわかってる、無免含む下位ヒーローを狙い続けた。
        深海王に下位ヒーローをメタメタにされた後も抜本的改革はせず、ただ戦力を見た目増やそうとしただけだったんだから、
        勝てるとわかってる並のA級以下を執拗にボコっても協会が重い腰を上げるわけがないことぐらいガロウにもわかるだろうが(笑)
        実際協会もシステムを変える(笑)どころか危機感すら持たずにバングを派遣だけして後は名前付けに勤しんでたからな。

        にも関わらず、こいつはS級タンクトップ(←これも自分から挑まず)を余裕で倒せる力を持ってるのに
        それよりはるかに弱い相手ばかり狙ってギャハギャハ言いながらいたぶってただけ。ジェノスと闘ったのも挑まれたから。
        システムを変えたいんだったらもっと早い段階で協会が危機感を持つ相手を選ぶだろうが(笑)
        挙句今度は自分がバングにやられそうになったら「僕には辛い過去があるんですぅ」っていきなり何ページにも渡って回想しだした。

        こんな奴をシステムを変える目的があったんだと的外れなことを言い張るお前は病的に理解力・記憶力が欠落してるんだな(笑)
        そのくせ態度だけはでかく他人に一丁前に説教した気になるとは(笑)惨めだな。
        ああ、お前がどんなにこの後反論(笑)しようが俺には届かないよ。
        勝ち逃げされて悔しいか?だったらその悔しさをバネにして少しは理解力や記憶力をつけるべく精進するように。
        そうすれば「惨めな負け犬」から「普通の負け犬」ぐらいにはランクアップできるだろう(笑)

        • とくたま より:

          ガロウはヒーローになりたいけど自分は無理と思ってだきょうして絶対悪を目指していただけというかわいそうな奴なだけや
          あと緑色の虫マークのコメ主も理解力ないやろガロウは別に雑魚を狙ってたわけではなく会ったやつに挑んでるだけやし、s級はそんなうろちょろしてないと思う騒ぎになるし。後実力を考えて挑んでいるだけで普通に考えてs級だけ狙うのはヒーロー狩りの目的に合わないし相手の強さも測れなかったら雑魚やしな。
          目的もヒーローという立場の理不尽さが嫌で
          自分が絶対悪になることで理不尽を理不尽で変えたかったとかいう子供の時に思ってそのまま育ってしまった。悪くいうと幼稚

  11. より:

    長いというのももっともだけど、それ以上にギャグバトル漫画として異質なほどディープなテーマを描いたり尖りすぎたのが原因だったんだろうな
    でも話の質自体は歴代トップの高さだからか理解をまったく示さない人と同じくらい歴代最高傑作と称するひとも多いような印象
    ただ単にストーリーがうすくなって批判をうけた超闘編序盤とは訳が違う

  12. より:

    そうかなぁ・・・別にうざくもなかったし面白かったけどねぇ。
    ただ、宇宙最強の後に対人間だったので強さのスケーラビリティ何処行った感は少しあったが、別に違和感という程でもなかった。
    もうかなりの時間更新してないのがちょっと心配。
    個人的にはそろそろ”ワンパンチ”では決して倒せない”ゲリラ戦術”、”プロパガンダ”、”時間軸を超える者”などサイタマのピンチも見てみたいかな。(笑)

  13. アンパンマン より:

    感情移入がどうとか爽快感がどうとか以前に、単純に話が長い。
    週刊連載ならまだしも、ただでさえ更新が遅いのに一つのエピソードを何年かけてやるのよって話。
    村田版なんて3年以上もガロウの話にかけていて、しかもまだ終わりすら見えてこないし。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ワンパンマン ヒーロー大全

ワンパンマンのヒーロー大全の内容とおすすめの見所について紹介!

ワンパンマン 11巻 発売日

ワンパンマン最新刊11巻の発売日内容予想と10巻のネタバレ感想

ワンパンマン

ワンパンマンの原作はいつ頃完結?最終回結末の内容も予想

ワンパンマン 12巻 発売日

ワンパンマン最新刊12巻の発売日内容予想と11巻のネタバレ感想

ワンパンマン

ワンパンマンとはどんな漫画?誰でも楽しめる面白さと魅力について

ワンパンマン

ワンパンマン最新刊単行本10巻の発売日予想と9巻のネタバレ!